カラス撃退星観察用レーザーポインター用途はとても良くて

いくつかのカラス撃退星観察用レーザーポインター用途はとても良くて
みんなに対してはメリットがあります:

1.ビジネス人/会議スピーカー - 製品のデモや集会のために、説明してあなたのスピーチが任意になってみましょう、もっとリラックスして自然な顧客と通信する。

2.展覧会/ツアーガイド - あなたは"触手困難かつ「客観的かつ無力に直面している、それは簡単にあなたを助けるかつ正確に表示されるターゲットにすることができます。
3.フィールドの旅行者/探検家 - アウトドアアドベンチャーのために、あなたがより楽しく、より安全な旅行ので、遠くの目標を示すと遭難信号を発行した。

4.自己防衛 - あなたは山の中で危険な動物の攻撃が発生した場合、またはあなたが生命や財産への脅威は、自己防衛するために使用することができるポーズ時犯罪者は限り、 あなたはしない、本当に、のようなお互いを怖がらせるために思い付くように、あなたを奪われてきた人は、高出力レーザーポインター軍事コマンドや運動双眼鏡不眠症に従事 - あなたの部下が必要なとき、空気中または遠隔丘の中腹にあるターゲットは、あなたも、あなたが手のジェスチャー必死もちろんしない方向を示しています?

レッドレーザーポインター

「レーザーポインター以外の強力ライトなどでは対象の星まで指示できませんし、
周囲が明るくなって観察に支障をきたします。
その点、本品は対象物を鋭いスポットと説明者の手元からの輝跡で正確に指示出来ると確信いたしました。
その効果は大変大きいもので、観望に参加された方全員が同じ視線で説明を聞き
星・星座の理解が得られることにあると思います。
レーザーポインター目
光と目の障害:専門医の見解
太陽光の目への危険性は常識化していて、皆既日食でもフィルターごしの観察で、まして太陽を直視する
ことは無い。グリーンレーザーポインター航空の光は一定の波長の連続した光で、目に入ると、網膜上に非常にシャープ
に集光するため太陽光の 100 倍ほどの刺激を目に与え、さらに危険である。
レーザーポインターの光が目に入った場合、①光化学反応が起き過酸化脂質が生成される、②たんぱく質
の変性が起こりやけど状態になる、などの影響がある。

超高出力10000mWブルーレーザー懐中電灯
その結果、①まぶしく、残像が残って一時的に視力を失う ②網膜が損傷する ③痛みがあって視神経が
破壊される、などの症状が起きる。網膜は再生できない組織なので、網膜のダメージは非常に問題である。
クラス2のレーザーポインターではまばたきなど(1/4 秒)によって、危険の回避がある程度できるが、
クラス3のレーザーポインターでは放射パワーが大きく回避できず危険である。

市販レーザーポインター改造注意事項:
*レーザ光を直接覗き込んだり、人に向けたりしないで下さい
*長時間使用しない時は、電池を取り外して保管して下さい
*直射日光のあたる場所、高温多湿な場所には置かないで下さい
*本製品は絶対に分解や改造を加えないで下さい
*子供の手に届かないところに保管して下さい

http://www.voiceblog.jp/kumike/2184230.html

http://www.karadakara.com/note/my/record/day/20151116_sh07.html

http://venturebeats.userecho.com/topic/1027376-/

 

http://xiulaserpointerjp.skyrock.com/3265002312-posted-on-2015-11-16.html